一般的に痛いと言われる医療レーザー脱毛は、美容皮膚科や美容外科クリニックなど、お医者さんの在籍をする病院でしか、お手入れを受けることができません。痛いと言われるのは病院だからこそ、医療機器を使用することができるためであり、それだけ特別なマシンで高いパワーなので、刺激も強いことになります。レーザー照射のパワーが高いので、痛みを感じやすいですが、効果もそれだけわかりやすいものになります。

痛いというのは出力の設定が高いからでありますが、皮膚の薄いパーツも刺激を強く感じやすくなります。だから脱毛をするときには、全身が全て均等に刺激を感じるわけではなく、皮膚が薄い場所と、皮膚の色が黒い場所が特に痛みを強く感じるということになります。

皮膚が薄くて皮膚も黒いといいますと、脇の皮膚にも痛みは感じやすくなりますが、デリケートゾーンは例外なく痛みは強くなります。エステの光脱毛でも、iラインとoラインというのは痛みが強いです。でも光よりもレーザーはそれを上回る力を出すので、本気で痛いのは医療脱毛の方ということになります。

医療脱毛の場合はVIOパーツへの麻酔をすることができますので、検討をすることができます。ビキニラインはまだ我慢ができても、iラインとoラインは本当に痛みが強いものですから、塗るタイプの麻酔は使うほうがいいでしょう。

スタッフからも麻酔を聞かれますが、特に最初のほうは麻酔は使った方が、痛みを少なくできて安心です。